デリーガールズ~アイルランド青春物語~ シーズン1 感想

【原題】:Derry Girls
【配信】:2018/12/21
【時間】:20分
【話数】:6話
【出演】:シアーシャ=モニカ・ジャクソン/ルイーザ・ハーランド/ニコラ・コーグラン/ジェイミー=リー・オドネル/ディラン・ルウェリン/タラ・リン・オニール/キャシー・キエラ・クラーク/シボーン・マクスウィーニー/トミー・ティアナン/イアン・マッケルヒニー





スポンサーリンク



またしてもイギリスの制作局「Channel 4」がやってくれましたよ!『思春期真っ只中』や『このサイテーな世界の終わり』などいつも俺好みの面白いドラマを作ってくれる。

このドラマは先ほどあげた『思春期真っ只中』の女子高生版と言ってもいい内容で、一話見ただけで把握できるぐらい強烈な個性を持った5人組が毎度くだらん騒動を巻き起こす。

主人公のエリン(シアーシャ=モニカ・ジャクソン)はこの5人組のリーダー的な存在だが良くも悪くもというか大体悪い方向で皆を引っ張る。首に力を入れて喋る娘でよく見りゃカワイイ顔してるが表情がブサイク。クレア(ニコラ・コーグラン)は見た目ぽっちゃりしていて顔だけ見ると一番美人。この5人組の中で一番真面目だがいつもテンパってる。ミッシェル(ジェイミー・リー・オドネル)はワイルド系で自分が一番イケてると思ってるが一番ダサくてイマイチビッチになれない。オーラ(ルイーザ・ハーランド)はエリンのいとこでド天然。『思春期真っ只中』にも同じようなキャラがいたけどイギリス人は天然はヒョロヒョロののっぽというイメージがあるんだろうか?最後の一人ジェームス(ディラン・ルウェリン)は男子高校生で男子校に行ったらいじめられそうという理由で女子高に入れさせられた。彼も天然というか気弱なタイプ。最初はグループに馴染めなかったがシャツ一枚で一緒に過ごせるほど溶け込む。しかしそれは皆が彼をゲイだと思ってるからかもしれない。ジェームスは否定しているけどね


©Netflix




本作は現代ではなく90年代のアイルランドが舞台となっている。なので90年代文化が沢山出てくる。『パルプフィクション』などのタランティーノ音楽やアイスキューブとかデニムジャケットとか懐かしいものが色々。僕的には指輪型のキャンディが懐かしかった。そして90年代のアイルランドは「北アイルランド問題」の真っ只中なのでテロやら紛争やら背景には危険な時代だった。そんな中でしょうもない青春を送る彼女たちにちょっと泣けるシーンもある。いや俺だけか(;´Д`)

テイストとしては韓国版『サニー』に最も近いと思う。『サニー」は80年代の韓国が舞台で背景には学生運動がありそんな中で青春を送る女子高生たちという点ではかなり似ている。『サニー』が好きな人はこれも楽しめると思う。でも向こうより下品なのは間違いない(;´・ω・)

シーズン2の制作も決定したという事で楽しみだ。こういったコメディは4、5シーズンぐらいやってもいいと思うけど最近のドラマは短いからね。そんなに長くやらなそうだなぁ


スポンサーリンク


コメント

人気の投稿