ルーキー・ハウス・ガール/恋愛要素いる?


【原題】:Chalet Gril
【監督】:フィル・トレイル
【脚本】:トム・ウィリアムズ
【時間】:97分
【公開】:2011年3月16日
【出演】:フェリシティ・ジョーンズ/エド・ウェストウィック/タムシン・エガートン/ケン・デュケン/ソフィア・ブッシュ/ニコラス・ブラウン/ビル・ベイリー/ブルック・シールズ/ビル・ナイ


【あらすじ】
別荘に家政婦のバイトで行ったら金持ちと恋しちゃった




スポンサーリンク




74点
(フェリシティ・ジョーンズ補正)


最初見る前はどうせ平凡な少女がひょんな事からイケメン金持ちと出会ってハッピーエンド的な映画だと思っててあんまり期待してませんでした

主人公のキム(フェリシティ・ジョーンズ)は実はスケボーの天才であったのにも関わらずスケボーから離れ地元のバーガーショップで働きパッとしない日々を送る。そんなある日オーストリアの高級別荘で4ヵ月の間、家政婦としてのバイトを引き受ける事に。ここで現れたのが「ゴシップガール」そのまんまのキャラクター、チャックさんことジョニー(エド・ウェストウィック)。流石に「ゴシップガール」ほどナルシストで最低ではないけど気取った感じ。僕が見逃しただけかもしれませんが一体何の仕事をしているんでしょうか?まぁ御曹司って大体何してるかよくわからないしねぇ(偏見)


©Chalet Girl Films Distribution Ltd/Neue Bioskop Film Produktions & Vertriebs GmbH/Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH/UK Film Council 2010


それからジョニー達が帰ってやる事が別荘の管理ぐらいしかなく暇になったのでスノーボードをはじめる。するとスノボのうまいミッキー(ケン・デュケン)と友達になり一緒に大会に出ようと誘われ賞金の為に出る決意をする。たまたまミッキーと友達になる所まではいいんだけど先輩家政婦ジョージア(タムシン・エガートン)と仲が良かったのは都合が良すぎ。この世界のコミュニティ異常に狭すぎですよ。しかもジョージアとミッキーのラブロマンスの顛末も「軽っΣ(゚Д゚)」って思ったよ

その後スノボを練習しながらジョニーと恋仲に発展していくんだけどここはちょっと描写が足りないと思った。見た感じキムとジョニーって数週間も一緒にいなかったハズだし、まぁ若い男女のフィーリングが合ったらそりゃもう勢いでイくとこまでイっちゃうかもしれませんが…(;^ω^)



©Chalet Girl Films Distribution Ltd/Neue Bioskop Film Produktions & Vertriebs GmbH/Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH/UK Film Council 2010


中盤までは意外とスノボ描写の比重が多くて青春の側面の方が強いのかなぁと思ったけど最後まで見たらなんてこたあないシンデレラストーリーでした。
エンドクレジットで皆で踊ったりNGシーンがあったり虚実入り混じる感じが「時をかける少女」みたいで後味はスッキリさわやかです。なので「時をかける少女」のようにフェリシティ・ジョーンズのアイドル映画として見れば楽しいもんですよ


スポンサーリンク

0 件のコメント

Powered by Blogger.