【ネタバレあり】ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃/今度はゴジラが悪役側だよ【あらすじ&感想】

【英題】:Godzilla, Mothra and King Ghidorah Giant Monsters All-out Attack
【監督】:金子修介(本編)/神谷誠(特殊技術)
【脚本】:長谷川圭一/横谷昌宏/金子修介
【公開】:2001年12月15日
【時間】:105分
【出演】:新山千春/宇崎竜童/小林正寛/天本英世/佐野史郎/南果歩/大和田伸也/村井国夫/渡辺裕之/布川敏和/仁科貴/モロ師岡/葛山信吾/中原丈雄/津川雅彦/石田太郎/村田雄浩/杉山彩子/中村嘉葎雄/上田耕一/螢雪次朗/高橋昌也

【あらすじ】
1954年以来ゴジラを忘れていたけどなんか復活したし、ギドラとかまで出てくるしもう大変




スポンサーリンク


80点



『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(略称KOM)
』の為の予習視聴。

前に見た『三大怪獣 地球最大の決戦』では地球に降り注いだキングギドラに地球の怪獣ゴジラ、モスラ、ラドンの三体が力を合わせて戦い合うというお話でしたが

今回の作品は1954年のゴジラが死んで以来怪獣は出てなかったがゴジラが復活し、そこにモスラやギドラまで目覚め怪獣たちの死闘が始まるといったお話で三大怪獣が逆転したような感じ

だもんでゴジラの存在が完全に「悪」。悪役っぷりが堂々としていて人の殺し方が実にバリエーション豊か。病院でおびえていた篠原ともえがゴジラが去っていったと思い安心するとしっぽで潰されたり、温水洋一が小便をしていたら旅館ごと潰されたりとブラックユーモア抜群。特に一番好きなのは観光客がバラゴンが出現したので呑気に撮影しようとすると撮影者の後ろの山からゴジラが出てくるのを見て驚愕してしまうシーン。これは1作目のゴジラ1954のオマージュでありながらもそのアップデートといった感じでこのシーンは唸りましたね(=゚ω゚)ノ


DVDより引用






キングギドラは勿論カッコよかったですし(鳴き声が初代とちょっと違うのは残念)、モスラと謎合体で飛行体形になったのも良かったし、「千年竜王」みたいな厨二ネームも「魏怒羅」とかヤンキーの当て字みたいなネーミングセンスもギドラに関しては文句なし!

人間描写も一般人と軍人の描き方はバランスがよく、間抜けに死んでいく人もいれば勇敢にあっけなく死んでいく人もいて無駄死になんだけど作品的には意味のある死に方で良かった。「3分で灰にしてやる」とか謎の名言も面白かった

ただ新山千春はカワイイが演技力が、、、うん

ど真ん中の主人公が演技ド下手なのが結構引っかかりますがそれ以外は特撮も人間ドラマもしっかりした作品で思わぬ拾い物でした。


スポンサーリンク


コメント

人気の投稿