クリード 炎の宿敵/それでも人生は続く

公開日: 2019年1月17日木曜日 スポーツ ヒューマンドラマ

【原題】:Creed II
【監督】:スティーヴン・ケープル・Jr.
【脚本】:シルヴェスター・スタローン/チェオ・ホダリ・コーカー
【公開】:2019年1月11日
【時間】:130分
【出演】:マイケル・B・ジョーダン/シルヴェスター・スタローン/テッサ・トンプソン/ドルフ・ラングレン/フローリアン・ムンテアヌ/フィリシア・ラシャド/アンドレ・ウォード/ウッド・ハリス/ブリジット・ニールセン/マイロ・ヴィンティミリア/ラッセル・ホーンズビー

【あらすじ】
チャンピオンになったのに父親を殺した奴の息子から挑戦を受けました




スポンサーリンク



81点



完全にネタバレ全開で行くぜよ( `ー´)ノ

今作は「ロッキー4/炎の友情」に登場したドラゴ(ドルフ・ラングレン)が出てくるワケだが僕はもうこのドラゴの半生が殺人マシーンとして育てられてきた。という妄想に憑りつかれてるので彼に感情移入した状態で見始めた

そしたら冒頭でドラゴが貧乏暮らしの中で息子のヴィクター(フローリアン・ムンテアヌ)とトレーニングしてる所からあぁもう辛い!

だってドラゴすっげぇ老けてんのよ(;´Д`)

後にパンフで見たら彼のキャラを肉付けする為にわざと老けこんだ感じにしたらしいけどもうここだけで不遇な人生を送ってきたことがわかる

クリード1作目でクリード(マイケル・B・ジョーダンも孤独に生きた男だったが彼は恵まれていたよね。しかしドラゴ、ヴィクターは何もない。ドラゴなんてロッキー戦と戦ってからいい事なんて一度もなかったかもしれない

だから1戦目ではもう「行け!クリードを潰せ!」と心の中で思っちゃったよ。一応父親の弔い合戦なのかもしれないけどロッキー見捨てちゃってるからさぁ(;´・ω・)アイツ


©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.




一応なんとか勝利したヴィクターが祝勝会を開くとそこに満を持して母親のルドミラ(ブリジット・ニールセン)が登場。「自慢の息子ね」と他人事のようにほざくルドミラに怒り心頭のヴィクター。『ロッキー4』でも「見損なったわ」とか言ってたし最低!今作どころかロッキーシリーズの中でも一番の悪役なのでは?

そして2戦目でヴィクターがダウンした所で去っていってしまうルドミラ。しかしなんとか立ち上がるがいなくなってしまった事を悟る表情でもうあんた号泣よ( ;∀;)あんなサイテーな奴だと思っても母親なんだ。クズな親でも認められたいんだ。あぁもうまた書きながら泣けてきた

ここぞという所でロッキーのテーマが流れ、どっちも応援してしまう心境でしたがドラゴが遂にタオルを投げクリードが勝利する。『ロッキー4』でロッキーはアポロにタオルを投げる事ができなかったがドラゴは投げれた。ドラゴはあの時全てを失ったが今はまだ家族がいる。負けてしまったが終わりじゃないんだよ

いやはやもうボロ泣きでめちゃくちゃ感動したんだけど1点だけ乗れない所が

ロッキーの息子ロバートちょっと酷くない?

『ロッキー・ザ・ファイナル』で確執もあったし、色々と仕事が忙しいのかもしれませんが孫に存在を知られてないぐらい会ってないってさぁ(;´・ω・)話の都合上仕方ないのかもしれませんが最後は感動よりも「いやお前から会いにこんかい(;^ω^)」とちょっとクールダウンしてしまいましたわ。まぁでも孫役の子が可愛かったからいいか(なんだそりゃ)

1作目ほどガツンとくるモノはなかったけどめちゃめちゃ面白かったです。特にドラゴ目線で見ると最高だった。ちょっとドルフ・ラングレンの映画色々と見てみようかな


スポンサーリンク


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿