ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 感想

【原題】:Game of Thrones
【放送】:2017年7月
【時間】:1時間
【話数】:7話
【出演】:キット・ハリントン(花輪英司)/エミリア・クラーク(清水理沙)/ピーター・ディンクレイジ(森川智之)/ニコライ・コスター=ワルドー(桐本琢也)/アルフィー・アレン(川原慶久)/メイジー・ウィリアムズ(合田絵利)/レナ・ヘディ(本田貴子)/ジョン・ブラッドリー(最上嗣生)/ソフィー・ターナー(津田美波)/ロリー・マッキャン(間宮康弘)/イアン・グレン(咲野俊介)/リアム・カニンガム(志村知幸)/クリストファー・ヒヴュ(後藤光祐)/エイダン・ギレン(上田燿司)/グェンドリン・クリスティー(斉藤貴美子)/アイザック・ヘンプステッド=ライト(福山潤)/ジェローム・フリン(白熊寛嗣)/ナタリー・エマニュエル(藤井ゆきよ)




スポンサーリンク

シーズン1~6の感想は割愛で(=゚ω゚)ノ

このドラマはもう今までに作られたファンタジーものの中でも最高峰だと思っている。シーズン1や2の頃は世界観も取っつきにくく、キャラも多いのでピンとこなかったが段々とキャラがわかってくると俄然面白く感じる。一人のキャラに焦点を当てて物語を描くのではなくそれぞれが各地でリアルタイム進行で話が進んでいくので多層的なんですよね

更にシーズンを追うごとに目に見えてわかる予算の潤沢さ。シーズン1、2の頃なんか合戦そのものは見せなかったのに今じゃ映画みたいなクオリティでばんばん合戦している。ドラゴンのCGも上がったしこれがドラマだなんて驚きだ

今回のシーズン7ではそれぞれ各地にいたキャラ達が出会うシーンが多かった。生き別れになってしまったキャラが感動的な再開する事もあれば恨みつらみを持った因縁の再開などもありこの人間ドラマが本当に面白い!







そして今までは人間同士で争っていたがホワイトウォーカーという敵が現れた事で人間たちが団結していくお話になっていく。話だけ見れば劇場版仮面ライダーみたいなもんだけどそこには一癖も二癖もあるキャラばかりなのでそう簡単にはいかない。サーセイ(レナ・ヘディ)のあまりにも高いプライドのせいでシーズン8でも何かやらかしそうだ

細かい点で言えばジョン(キット・ハリントン)とデナーリス(エミリア・クラーク)の交流は最初は微笑ましく感じたが最後はちょっとね(-_-;)

次のシーズン8が最終章になるそうだが本当に終わらせられるのかな?人間達の争いは終わらなくてもいいけど謎とかについてはちゃんと説明してほしいね

こちらも合わせてお楽しみください↓

シーズン8直前!ゲーム・オブ・スローンズのシーズン1からシーズン7までをざっくりとまとめてみよう


スポンサーリンク


コメント

人気の投稿