亜人/絶対に死なない男VS絶対に死なない男

公開日: 2018年10月28日日曜日 アクション

【監督】:本広克行
【脚本】:瀬古浩司/山浦雅大
【原作】:桜井画門
【公開】:2017年9月30日
【時間】:109分
【出演】:佐藤健/玉山鉄二/城田優/千葉雄大/川栄李奈/浜辺美波/山田裕貴/品川祐/宮野真守(声の出演)/吉行和子/綾野剛

【あらすじ】
何をやっても死ねない身体になりました




スポンサーリンク


74点


原作は未読です。しかし未読でもそんなに問題ないと思います。

お話は永井君(佐藤健)がある日事故に遭い、撃たれても切られても何されても死なない身体=亜人になった事が発覚し、政府に人体実験されていたら佐藤(綾野剛)と田中(城田優)とかいう同じ亜人に助け出される。彼らの目的は国家転覆だった為、永井君的には賛同できないでいたら敵対してしまう。国とテロリストの間で揺れる永井君。。。というストーリー

人間と人外の間で揺れ動くといったら「デビルマン」だよね。俺の中ではもうデビルマンだと思って見てたから序盤で助けてくれたおばあちゃん(吉行和子)が永井君を匿ってしまった事で村八分にされたり、妹の慧理子(浜辺美波)が亜人と間違われて八つ裂きにされたりするんじゃないかとドキドキしてたけどそんなシーンはなかったね(;´・ω・)

今作はとにかくアクションが良かった!役者がちゃんと身体を張ってるし銃撃戦も迫力がある。IBMと呼ばれる黒い粒子つかほぼジョジョのスタンドのCGも全然しょぼくなく自然と映像に馴染んでいる。ハイローといい日本のアクション映画も捨てたもんじゃないよなぁ。


(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社




後は役者も好演していた。佐藤健はいつも通りだが安心して見られるし、僕の大好きなハイローの村山でおなじみ山田裕貴は手下Bでしかなかったしアクションもあんまり見られず残念。しかし綾野剛は今作でナンバーワンの演技だったんじゃないでしょうか?最初はあの芝居がかった喋りは微妙だと思ったんだけど彼の出自を知るとあぁやって何かを演じる事で正気を保っているんじゃないかと思ったら素直に見れましたね

ただ残念ながら一点だけ乗れない部分がありまして・・・

それは・・・

絶対に死なないっていう設定って面白いですかね?

亜人が敵だったら不死身の相手をどうやって制圧できるかという興味があるんですけどどちらも亜人で1対1の戦いになると「いつ終わるんだよ(;´Д`)」となんか一気にどうでもよくなるんですよね。一応最終決戦は毒ガスの奪い合いという目的はあるんですけど。どれだけ凄いアクションをされてもなんだかずっと前菜を食わされているような気分だったので。。。

いや面白かったんですよ。アクションも脚本もちょっとツッコミたくなる部分あるけど全然及第点で。ただ根本の部分がどうしても好きになれなかったという。じゃあ見んなよって話ですね(;´Д`)


スポンサーリンク


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿