GANTZ:O(ガンツ:オー)/実写もこれぐらいの改変ができたらいいのに

公開日: 2018年9月16日日曜日 SF アクション アニメ

【監督】:川村泰
【脚本】:黒岩勉
【時間】:96分
【公開】:2016年10月14日
【出演】:小野大輔/早見沙織/市道真央/梶裕貴/池田秀一/郭智博/小野坂昌也/津田健次郎/津嘉山正種/吉田尚記/ケンドーコバヤシ/レイザーラモンHG/レイザーラモンRG

【あらすじ】
死んだと思ったら宇宙人と戦わせられました


スポンサーリンク



79点



ガンツといえば高校時代にハマった漫画だ。あの頃はほとんどエロ目的でしか見てなかったが後から見返すと主人公が調子に乗って全滅したり、素朴な彼女ができた事で生きる事を渇望したり成長物語としてちゃんとしている(何様)なぁ~と感心しました。宇宙に行ってからのグダグダは文句もあるがそれなりに楽しめた漫画。そして実写ではアクション以外は目も当てられないクソ映画にクラックラしたけどなんだかんだガンツにはお世話になってる

今作の映画では原作の大阪篇を組みなおして再編成している。主人公は玄野(梶裕貴)から加藤(小野大輔)に変更され、何も知らない彼が少しづつガンツのあれこれを知っていくので初見さんでも入りやすい。

そして戦いの渦に巻き込まれていくがゴア表現がなかなか攻めている!血もブッシャアとドバドバ噴き出るし肉が切れて断面が見えたり、この映画調べたらPG-12らしくよくそれで許されたなぁと思うぐらいグロかった。


©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会



アクション面も素晴らしく楽しい!格闘やら巨大ロボやらてんこ盛りのアクションは大満足の出来でしたなぁ(*´ω`*)

文句をつけるなら間一髪の所を誰かが現れたり、武器を拾おうとしたらギリギリで拾えなかったりちょっと似た展開が多かったのは残念でした。しかし本当にそれぐらいでほぼ大満足!ラスボスのぬらりひょんが女体ジャイアントになっていく姿も気持ち悪いんだけどなんか凄かったです

初見の方も原作ファンもどちらも楽しめる一作となっているんじゃないでしょうか?これに更にエロも追加してネットフリックスとかで原作を1から作ってほしいなぁ


スポンサーリンク


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿