モアナと伝説の海/選ばれなくてもやるんだよ


【原題】:Moana
【監督】:ロン・クレメンツ/ジョン・マスカー
【脚本】:ジャレド・ブッシュ
【公開】:2017年3月10日
【時間】:107分
【出演】:アウリイ・クラヴァーリョ(屋比久知奈)/ルイーズ・ブッシュ (竹野谷咲)/ドウェイン・ジョンソン(尾上松也)/テムエラ・モリソン、歌:クリストファー・ジャクソン(安崎求)/ニコール・シャージンガー(中村千絵)/レイチェル・ハウス(夏木マリ)/ジェマイン・クレメント(ROLLY)/アラン・テュディック(多田野曜平)

【あらすじ】
村の仲間を救う為に海に旅立ちます


スポンサーリンク


78点



昔から海は嫌いだ。夏といえば海、海行きて~なんて叫ぶ輩がいるが、まず遠いし海に入れば身体中のあらゆる所が砂利が入ってくるし、髪もゴワゴワするし何一つ面白くない。家でクーラーにあたりながらかき氷食べている方が有意義だ。しかし一番嫌いな理由は泳げないからである。海というか泳ぎに全く馴染みがなかったからなんだけどこれからも海に馴染むつもりはない。今作はそんな海嫌いの僕とは違って海に愛された女性の物語「モアナと伝説の海」です

ストーリーは非常にシンプルです。日常的な生活から抜け出し超自然的な世界に直面し一度は挫折するが仲間と共に勝利を収め帰還する。ジョセフ・キャンベルの「英雄の旅」を下敷きにして今時の価値観とディズニーのテイストで作り上げたそんな映画です

良かったのはマウイですね。原語ではドウェイン・ジョンソンが演じていたマウイを日本では尾上松也が声を当てていて不安だったんですがなかなかいい感じに軽薄で(;´Д`)マウイとモアナの関係も全く恋愛要素がないんですよ。最初から一切女の子扱いしないのも良くも悪くも対等な存在としての接し方で良かったです。モアナもいい具合に無鉄砲ででも優秀すぎない


©2017 Disney


というか「ズートピア」から良くも悪くも抜け目ないんですよね。旅のお供がカワイイ子ブタちゃんかと思いきや何考えてるかよくわからんブッサイクなニワトリだったり、手助けしてくれる海もちょうどよく使い勝手が悪かったり全てが優秀すぎないバランスが抜け目ないんだよなぁ。

不満を強いて言うならモアナの色気がないって事かな(;´・ω・)いや、16歳の娘に何言ってんのよって感じですが健康的エロっていいじゃないですか(残念な大人の代表)全体的に地味なのは否めないのでせめてちょっとぐらいエロかわが欲しかったです

流石のディズニー抜け目なく楽しい映画でした


スポンサーリンク


0 件のコメント

Powered by Blogger.