ドント・ブリーズ/人間って面白


【原題】:Don't Breathe
【監督】:フェデ・アルバレス
【脚本】:フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
【製作】:サム・ライミ
【公開】:2016年12月16日
【時間】:88分
【出演】:ジェーン・レヴィ(水樹奈々)/ディラン・ミネット(梶裕貴)/ ダニエル・ゾヴァット(江口拓也)/ スティーヴン・ラング(沢木郁也)/エマ・ベルコヴィシ(宇山玲加)


【あらすじ】
強盗に入った家にいた老人は盲目の狂人でした



スポンサーリンク





91点



僕は基本的にあんまりホラー映画って好きじゃないんですよねぇ(突然の否定)特に心霊系のホラーって人間側から見るとムチャクチャじゃないですか?理不尽過ぎてイライラしちゃうんですよ

しかし今作はそういった理不尽感が全くない!リアルなホラーってだけで僕は大好物なんですけど(「ホステル」とかね)
これはとにかく脚本が素晴らしいですね。主人公たちのお金を盗む動機も理解できて同情の余地もある。しかし時折見せる強欲な部分とか善人にも悪人にも描かないのが面白い
それぞれの行動にも意味があって良かれと思ってやった行動がどんどん泥沼に陥っていくのがもうワクワクしちゃって(ヤバい発想)


©2016 Blind Man Productions


盲目の老人(スティーヴン・ラング)が盗みに入られ始めは同情できる部分もあったのに中盤で「娘を殺した少女を誘拐監禁し妊娠させて子供を産ませようとする(反転してね)」という恐ろしい復讐をしてる事実にドン引きしつつも作品世界に引き込まれました

細かい点には好意的に目を瞑っていきたいんですが強いてあげるなら盲目とはいえ気配とか匂いでなんとなくわかるんじゃないかなぁと思いました。アレックス(ディラン・ミネット)が老人を横切るシーンとか流石に無理がありましたね。


©2016 Blind Man Productions


今作はサム・ライミが制作に携わってる上に監督のフェデ・アルバレスはリメイク版「死霊のはらわた」を監督してる事もあって元の「死霊のはらわた」を思い出しました。あれも一晩ずっと同じ家の中で右往左往するだけなんですが色んなアイディアで飽きさせない作りが凄い楽しいんですよ(*´з`)

何はともあれめちゃめちゃスリリングで面白い映画です。続編制作も決定しているみたいで次は老人がジェイソンばりに最強になっててほしいですね


スポンサーリンク

0 件のコメント

Powered by Blogger.